ラクラクダイエット
楽してやせるダイエットを研究中。
ランキング参加中
↓毎日クリックしてね♪

プロフィール

丹沢の神の川にて

Author:丹沢の神の川にて
趣味:ドライブ、カメラ、旅行
特技:どこでも寝れること
好きな食べ物:焼肉
嫌いな食べ物;ない、と思う

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する





食品一覧 産地直送サイト スイーツ 酒類 飲み物 サプリメント お取り寄せサイト
地域ごとの特産品 北海道 佐賀 石川
メニュー ヘルシーメニュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニトマト(家庭菜園で)
機内食用として提供されたのが始まり。原種に色形が近い品種。レッド
系トマトなので本来、皮が厚めだが、皮の薄い品種の開発も進み、生で
食べやすくなってきている。

cimg0061.jpg


スポンサーサイト
ヘルシーメニュー「トマト篇」

世界で一番たくさん生産されている野菜は「トマト」だそうです。
トマト料理といえば先ず、よく冷えた生トマトのサラダなどが思い浮かぶのではないでしょうか。それもそのはず。日本で多く出回っている「桃太郎」「ファースト」という品種は、皮が透明で果肉が赤く表面がピンク色に見えるため「ピンク系トマト」と呼ばれているもので、酸味と青くささが少なく生食用、サラダに最適なトマトなんだそうです。
「ピンク系トマト」に対して「レッド系トマト」と呼ばれているものがあります。海外ではレッド系トマトが主流で、生食用、料理用、加工品用を問わず広く用いられているそうです。皮が固く黄色で、果肉が赤いため、深い赤色に見えレッド系と呼ばれています。このレッド系トマトの種類は、必ず完熟してから収穫するという栽培方法のため一層栄養価も高くなっています。
スーパーで一缶100円程の安価で出回っているイタリアなどからの輸入の缶詰トマトはレッド系です。
トマトの健康食材としての新たな注目は、トマトを赤い色にしている天然色素「リコピン」が、老化やガンの敵である活性酸素を消去してくれる働きのあることが発見されたことによるそうです。イタリアのことわざに「トマトが赤くなると医者が青くなる」というのがあるそうですが、トマトが健康な体を作ってくれることを人々は昔から知っていたということでしょう。
さらに、このコーナー「ヘルシーメニュー」にトマト料理はぴったり、ということがわかりました。それはトマトにはうま味成分である「グルタミン酸」がたくさん含まれているということによります。トマトは天然の調味料でもあったのです。イタリア料理のパスタや煮込み料理を作る時、トマトをたっぷり使えば、だしの役目を果たすオリーブオイルの量を減らしてもおいしくて低カロリーな料理が出来上がるというわけです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。